運用ブログ

TOPへ

ディレクターレターvol8

2018.6.25

エレメンタルストーリー
みなさん、エレメンタルストーリーディレクター井上でございます。
これからのエレメンタルストーリーについてご紹介させていただきたく思っております。


▼3周年を迎えてのみなさまへのご挨拶
3周年を多くの方に支えていただき無事迎えることができました。改めてありがとうございます。
「進撃の巨人」とのコラボはお楽しみいただけていますでしょうか。
気が早いかもしれませんが、4年、5年とこれからのエレストを見据えて、スタッフ一同改めて気を引き締めて運営をしてまいります。

 

▼1dayファンミーティング2018夏@大阪へのご参加のお礼

はじめに、このたびの震災において被災された方に心よりお見舞いを申し上げます。
1dayファンミーティングに参加した運営メンバーも、大阪でみなさんとお会いした直後だったこともあり、大きなショックを受けています。
みなさんを元気づけるためにも、エレメンタルストーリーの運営を通じて力になれたらと思っております。

さて、6月10日には、たくさんの方に1dayファンミーティングへお越しいただき、誠にありがとうございました。
早い時間からたくさんの方にお集まりいただきましたため、パセラ内での会場の変更を行わせていただきました。大変申し訳ありませんでした。

アンケートをすべて拝見したところ、今回は菊丸との対戦コーナーが非常に好評をいただいておりました。
自分もエレメンタルストーリーのいちプレイヤーに戻り、非常に楽しめました!
また、歓談の場面で頂戴したご意見に関しましては、ありがたくも厳しく受け止め、運営チームとして改善すべきところはディレクターの私が責任をもって全力で進めていきたいと考えております。

今回、初上陸となった大阪に続き、東京以外にも懇親の輪を広げていきたいと考えております。
今後のファンミーティング開催のお知らせを楽しみにお待ちいただければと思います。

写真2

 

▼グランバトル
6月29日に★2ボス2種類の追加を予定しております

 

グラヴィオール
グラヴィオール

アルキュミア
アルキュミア

それぞれ自発挑戦には★1ボス「スヴェート」と「スキア」の虹色オーブが必要になります

 

▼7月開催予定のイベント
logo

7月上旬はギリシャ神と巨人達との争いをテーマとしたイベントを開催します。
リニューアルしたアテナや、新モンスターとして3体の巨人が登場します。

 

★5ギガントス
アポカリプス

★5ヘカトンケイル
アポカリプス

★5エンケラドス
アポカリプス

さらに報酬として、ギリシャ七神交換券やグランバトルで獲得できる★6五皇剣の素材となる貴重なアイテム「五皇剣の依代」(ごこうけんのよりしろ)が獲得できます。

 

logo
つづいて、7月中旬頃から開催予定のイベント「Canny on the Beach」をご紹介します。
大量発生したキャニー(蟹)を仲間と協力して討伐するイベントとなっております。
人気投票で上位だったあのモンスターや、キャニーを食べにきた魔界の面々が多数登場するイベントとなっているので楽しみにしていただければと思います。

 

★5真夏のフルーレティ
フルーレティ

★5真夏のネビロス
ネビロス

 

▼モンスターアップデート
バランスアップデートにつきましては、7月中に火属性の調整、8月は水属性のバランス調整を予定しております。
ディレクターレターvol6でもお伝えしている★7五戦神アンガ・モルスの調整内容について下記の内容を検討中です。
・アビリティ「不滅の炎」で復活する際のHP上昇

 

▼グランバトルおよびアリーナリーグの改修について
夏と秋頃に向けて2回のアップデート開発が進んでいます。
ドリームボードやファンミーティングで直接いただいた声を参考に「グランバトルをもっと使いやすく快適に遊ぶための改善」や「イベント召喚チケットをさらにまとめて消費する機能」などのゲームサイクル中のストレスポイントを改善してまいります。

また、並行してアリーナについて取り組んでおります。
前回vol7でお伝えしたリフレッシュの仕様調整に加え、新しい報酬の追加、クラスの見直しなどを行っていく予定です。

 

▼イベントの報酬設計について
「イベントの周回が大変」などのご意見を頂戴している件についてお話をさせていただきます。
この件に関して、6月中旬のコラボイベントから調整させていただきました。
また、7月からのイベントにおいては開催頻度を見直させていただく予定でございます。
報酬に関しては難易度と周回の両バランスが整うように見直し、より楽しんでいただけるよう調整してまいります。

 


これから夏が始まります。
夏も一層気合いをいれてワクワクできるコンテンツを提供できればと考えておりますので楽しみにお待ちいただければと思っております。

それではみなさんエレメンタルストーリーをよろしくお願いいたします。

エレメンタルストーリー ディレクター 井上佑泰


«